2018年12月、トランプ政権の対中タカ派は懲罰的な施策を連続的に繰り出す案を推し進めた。ボブ・デイビス氏とリンリン・ウェイ氏の近著によると、政権内部ではこれを「ファック・チャイナ・ウィーク」と呼んでいた。しかし、2020年7月に起きたことに比べれば大したものではなかった。