昨年、パリのノートルダム寺院で火災が発生した時、炎の近くを飛ばすために中国製ドローン(無人小型機)が投入された。ドローンは消防隊に映像を送り、消防士がホースを向ける方向を定めるのを助け、究極的に寺院の構造を残すことができた。ドローンの配備は中国で国産技術の大成功として称賛された。だが、この物語には別の側面があった。