各国政府は2007~09年の世界金融危機を無駄にした、影響が一段落してから経済政策を再検討すれば良かったのにそうしなかった、との指摘が時折聞かれる。経済学において、それこそ一世代に一度しか起こらないような大きな変化が生じている。