ジョン・ル・カレが2001年に発表したスリラー小説『ナイロビの蜂』は、ドイツ企業がケニアで行っている非倫理的な医学研究のことを知りすぎた活動家が殺害される話だ。ル・カレは、この架空の製薬会社による悪行は実際に行われていることに比べれば「観光地の絵はがきと同じくらい生ぬるい」と述べている。