19年前、中国の無名の企業が初めて欧州に進出した。フランクフルトの郊外とイングランドのとあるベッドタウンに販売拠点を設け、通信ネットワーク構築の入札に参加し始めた。そして今日、華為技術(ファーウェイ)は「中国株式会社」の恐ろしいほどの興隆と、信頼を失ったグローバル通商システムを象徴する存在になった。