本誌エコノミストの分析で、消費者心理がいかに脆弱になりうるかが浮き彫りになった。経済予測担当者のほとんどは、先進国の国内総生産(GDP)は2020年上半期に急減した後、2021年以降のいずれかの時点で危機以前の水準を回復する公算が大きいと考えている。