ドナルド・トランプ大統領が2018年12月、ウィリアム・バー氏を次の司法長官にすると発表した時、首都ワシントンに安堵の空気が広がった。2人の前任者とは異なり、バー氏は主流派で経験も豊富だった。