日本ユニシスの橋梁の点検・診断業務支援システム「Dr.Bridge」は、コンクリート部分の画像やひび割れの状態などを基に、AIが橋梁の「健全度」と「劣化要因」を自動で判定する。