中国が武漢市をロックダウン(閉鎖)した1月23日以降、世界の人口の3分の1以上が少なくとも1度は自宅に閉じ込められた。これほどまでにわずかな準備や議論で、そしてこれほどまでに広い範囲で実施された政策は、すぐには思い浮かばない。しかし、今回の社会の閉鎖は、考え抜かれた対応策というよりはむしろ、切羽詰まった時の窮余の策だった。