アイルランドが英国から独立を勝ち取ってから100年近くになるが、その大半において、この国では2つの政党が交代で政権を担ってきた。ところが今年2月8日投票の総選挙で、その複占体制が崩れた。その結果、アイルランドが統一される可能性がにわかに高まってきた。