米国の百貨店JCペニーが黄昏時を迎えてからしばらく経つ。小売業界の変化と自身のバランスシートの重荷のせいで、同社はもう何年も明るい陽光を拝めていない。百貨店は過去の遺物だ。米国のチェーンストアの多くが出店しているショッピングモールも衰えつつある。10年前には1100店舗を数えたJCペニーも、今では850店舗だ。