ロシアのウラジーミル・プーチン大統領にとって、憲法に基づく妥当性という幻想は重要だ。選挙、議会、裁判所などの法治国家の象徴は、プーチン体制に単なる装飾以上のものを与えているからだ。