米国が1月3日にドローンを使ってイランのガセム・ソレイマニ司令官を殺害したことで、米国とイランは、1979年の在イラン米国大使館人質事件以降のどの瞬間よりも戦争に近づきそうになった。