「一流の人材」という言葉がある。一流がいるということは、裏を返せば「二流」「三流」の人もいるということだ。誰しも向上心を持つのは悪いことではないが、「自分は一流だ」と思って周囲の人を見下すようになるとその組織は二流に堕ちる。チームとして機能しなくなるのだ。