10代を含む数百人の若者が数日前、赤レンガで覆われた香港理工大学のキャンパスを要塞に変えた。黒い服に身を固め、黒の覆面もつけた若者のほとんどは、包囲されても争う姿勢を崩さなかった。警察からは催涙弾や青く染めた水が放たれた。若者たちはガラス瓶の上に身をかがめ、燃料を詰めて信管を取り付け、爆弾を作った。