世界初の近代的な油井が1859年に米国ペンシルベニア州で掘られたことで、石油は経済と地政学の核心に至る軌道に乗った。西側世界の消費者文化興隆の原動力となり、第2次世界大戦の勝者を決める重要な要因にもなったうえ、1970年代には世界的な経済危機を引き起こした。