米国建国の父の1人であるアレクサンダー・ハミルトンは1788年、大統領の弾劾には「共同体全体の感情を刺激し」、「既存の派閥」を「憎悪、えこひいき、不当干渉、私利追求」に駆り立てたりする恐れがあると警鐘を鳴らした。そして、このプロセスは露骨な政治的思惑にさらされると「無罪か有罪かの真の証明」が矮小化される「最大の危険」をはらんでいると指摘した。