今から30年前、欧州の歴史が一つの転換点にさしかかっていた時に、英国のマーガレット・サッチャー首相はソビエト連邦のミハイル・ゴルバチョフ書記長と会談すべくクレムリンに赴いた。首相はこれより前に、ゴルバチョフ氏を「一緒に仕事ができる」人物だと評していた。