気候変動リスクを低減させるには、原油の生産を減らさなければならない。しかし、9月14日に行われたサウジアラビアへの攻撃には、リスク低減の効果など全くなかった。アブカイクにある石油処理施設とクライスの油田がドローンとミサイルの攻撃を受けたことで、サウジアラビアの原油生産量は日量570万バレル減少した。