政治的な論争は原理原則を掲げて展開されることが多い。しかし、中国とハイテク戦争を戦う米国を否定する最も強力な主張は、善悪とはほとんど関係がない。その主張とは、とにかく米国はこの戦いに負ける公算が大きい、ということだ。