レストラン産業の拡大は、1789年のフランス革命が生んだ予想外の波紋だった。貴族が処刑で頭を失うと、その料理人が仕事を失った。街頭に放り出されたシェフたちは、大衆向けのレストランをオープンし、おなかをすかせた革命家に食事を与える新しい暮らしを見い出した。