米国では今世紀のどこかの時点、おそらく半ばに近いところで、白人が絶対多数の座を失う可能性がある。これを気にするべきか否かに関係なく、白人たちは気にする公算が大きい。それもこの共和制国家の政治を、場合によっては平和そのものを乱してしまうほどにだ。