夏になり、熱気は息が詰まるようだ。何千人もの学生が数週間前から抗議行動を続けており、自由を要求している。そんな要求を是認する用意のない当局は、学生たちに家に帰れと警告しているが、学生たちは耳を傾けない。仕事に向かう社会人たちの間には、学生へのいらだちと同情の両方が生まれている。