ファッション業界のソーシャルメディア戦略を数多く手掛けてきたナカヤマン。氏は、サマンサタバサの経営不振の要因の1つとして、同社が得意とするプロモーション施策の効果が薄れてきたことを感じたという。