ドナルド・トランプ氏はホワイトハウスのオーバル・オフィス(大統領執務室)に入った時、米国の力を取り戻すと約束した。その方法が、経済的な手段の全面的な兵器化だったことが、ここにきて明らかになった。世界は今、ルールや同盟関係のくびきを逃れた時に超大国が投射できる威力を見て取れる。