ひじと手首の間を両手でつかまれて、ぞうきんのようにねじられることを「チャイニーズ・バーン」と言う。子供の頃にこれをやられた人なら、皮膚が引っ張られるあの痛みを忘れることはないだろう。中国で事業を展開している米国企業は、その感覚をよく知っている。