「もっとブレンダみたいになろう」。仮想通貨交換業者のコインコーナーはそう訴えた。昨年夏にロンドンの地下鉄にお目見えした同社の広告には、機嫌のよさそうな年金生活者の写真が配されている。しかし、これは悪いアドバイスだった。この半年前には、ビットコイン1単位の価格は2万ドルをわずかに下回る水準だった。広告が張り出される頃には7000ドルに下がっており、直近では4025ドルになっている。