受験生はもちろん、社会人になっても短期間のうちにアタマに知識を詰め込む作業はついて回るもの。この作業を効率的にできるかどうかで、受験の合否や仕事の成果は大きく変わってくる。そこで元経産省の官僚である筆者が、とっておきの効率的インプット法を伝授する。