そして誰もいなくなった。米国防長官を退任するジェームズ・マティス氏はドナルド・トランプ大統領の「大人の枢軸」の最後の一人だったと言っても、多少の誇張でしかない。世界中で米国の同盟国と敵国が一様にマティス氏のことを、安心感を得る源泉として扱ってきた。