2018年12月18日に閣議決定された防衛計画の大綱(新大綱)と平成31年度から平成35年度までを対象とする中期防衛力整備計画(新中期防)は、中国が間髪を入れず「強烈な不満と反対」を表明した。