神々が住んでいたとされるオリュンポス山とは雲泥の差だ。昨年、エマニュエル・マクロン氏は改革を任されて大統領に堂々就任した。それが12月に入ると、フランスは改革など不可能に見えた。パリ市街には焼け焦げた自動車があちこちに転がり、窓ガラスが粉々にされた商店も見受けられる。