現状に不満を抱き、秋の党大会に刺激を求めている英国の有権者には同情する。二大政党はどちらもブレグジット(英国の欧州連合=EU=離脱)の催眠術にかけられている。9月23~26日にリバプールで大会を開いた労働党は、党としての立場を明確にしようとせず、さらに激しい口論を招く羽目になった。