若き独立活動家の陳浩天氏と同氏の率いる香港民族党の小さな支持者層は、新興超大国の領土の一体性に対する深刻な脅威には見えないし、聞こえもしない。このため、北京から任命された香港政府が、「国家の安全」を理由にまだ新しい香港民族党を禁止するという最近の提案は、一部の観測筋にとって、木の実を割るためにジャックハンマーを使うような相当な過剰反応のように見えた。