ポンドが1945年以降に米ドルに取って代わられたのと同じように、これから米ドルに取って代わるのは中国の人民元だろうと考える人が多いのは、中国経済が容赦ない強さを示しているからだ。人民元はすでに、国際通貨基金(IMF)が編み出した特別引き出し権(SDR)という準備通貨のバスケットを構成する5通貨の一角を占めている。