過去30年の間に、北朝鮮は軍縮を何度も約束してきた。そして、寛大な見返りを手に入れてはその約束を破るというのが、お決まりのパターンだった。トランプ氏と金氏がシンガポールで交わした薄っぺらな合意がこれまでとは違うものになるためには、北朝鮮と交渉する核管理体制で細かい部分まで厳しい姿勢で臨まなければならない。しかし、現実はそのように動いていない。