米国のドナルド・トランプ大統領が今春、1500億ドル相当の中国製品に懲罰的な関税を課す方針を明らかにしたとき、中国の観測筋の一部には、これは実際に始まる前に終わる可能性がある貿易戦争だとの見方があった。しかし、中国に対するトランプ氏の不満、そして米国の政策立案者の多くや財界人などにも共有されている不満は、それより根深いものだ。