楽観論と北朝鮮が一緒に語られることはめったにない。しかし、4月に実現した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の対面の際のほほ笑みと印象深い光景は、北朝鮮が国際社会から、とりわけ米国から安全が保障されるのであれば、それと引き換えに核兵器を廃棄するという取引をほのめかすものだった。