フランスのエマニュエル・マクロン大統領と戦う労働組合員や学生は、1968年の五月革命の精神なるものを引き合いに出している。フランスがエリートと戦うために再度結集するときが来た、というわけだ。巧妙で心を揺さぶる力を持ったたとえを見つけた格好だが、彼らは歴史を読み違えてもいる。