途上国の一部の都市で殺人が急増する見通しだ。地球はこのところ、まれに見る平和な日々を送っている。コンゴやシリア、イエメンなどではひどい戦闘が続いているとはいえ、国家間の戦争や内戦は以前に比べれば少なくなり、死者の数も減りつつある。しかし、絶望的な脅威が忍び寄っている。発展途上国では、一部の都市が殺人事件の渦に巻き込まれる恐れがあるのだ。