月最後の週末、中国が専制国家から独裁国家へと歩みを進めた。すでに世界最大の権力を手中にしている習近平氏が、自分が続けたいと思う限り――おそらくは終生――国家主席としてこの国を支配できるよう憲法を改正するとの方針を知らしめたのだ。