ミハイル・ゴルバチョフ氏がペレストロイカ(改革)に取り組み始めた1980年代後半に、ロシアは西側と和解した。当時は、うそや冷戦時代の陰謀論で相手を倒そうとする企みを両者とも断念したと考えることができた。しかし、今月16日に米国のロバート・モラー特別検察官がロシア人13人を起訴したことで、そうした考えがいかに脆く、壊れやすいものだったが明らかになっている。