患者が、辛抱強いという意味もある「ペイシェント」と呼ばれるのは、実にもっともなことだ。今日の裕福な国の人々は、医療機関に足を踏み入れればどんなことになるか承知している。