テクノロジーには変化を起こす力があるとよく言われる。ウィリアム・コッフェバー氏にとっては、正当化できる指摘だろう。コッフェバー氏は自転車事故のせいで肩から下が麻痺してしまっているが、食事は何とか自分の手で取ることができる。