エルサレムは神聖であると同時に世俗的で、清らかであると同時に罪作りな都市である。ユダヤ教の宗教的な典範「タルムード」には、「神はこの世に10の美を与えてくださった。9つをエルサレムに、1つをその他の土地に」と書かれている。だが、神がこの世に与えたのは10の苦しみであり、そのうちの9つがエルサレムに、1つをその他の土地に配られたのではないか。