中国の債務問題は、中央政府と地方政府のギクシャクした関係による部分が大きい。実際、2015年には、両者の緊張関係のために債務の額が危険なレベルに達した。このときはルールの変更でしのぎ、しばらくはそれで問題が解決できたかに見えた。だが、映画「高慢と偏見とゾンビ」と同様に、ここにきて恐怖が蘇っている。