この状況を何と表現すればよいのか、迷いを覚えない人はいない。サウジアラビアで11月4日に繰り広げられた多くの人々の逮捕劇は、クーデター、反クーデター、さらには粛清と様々に形容されている。 身柄を拘束された人々も様々で、アルワリード・ビン・タラール王子のような富豪の実業家もいれば、ムトイブ・ビン・アブドラ王子のような王位継承者候補もいる。 「何があったのか、サウジアラビアの国民はのみ込めていない」 首都リヤドに住むある専門家はこう語る。「衝撃的な事件だ」。 しかし、少なくとも1つ、はっきりしていることがある。それは、81歳と高齢で体も弱った父・サルマン国王の名の下に急襲を指揮した、若きムハンマド