とある秋の寒い日のこと。英国の下院議員のグループを前に証言するために、イングランド銀行(中央銀行)総裁が会議室で証人席に着いた。経済に関する懸念が募っていた。国内総生産(GDP)成長率は鈍りつつあり、家計は多額の債務を抱え込んでいた。それにもかかわらず、イングランド銀行は利上げを開始した。