10月22日の投票日に向けて候補者たちが熾烈な選挙戦を繰り広げるなか、経済団体が硬軟自在のアプローチで各党に牽制球を投げかけている。