ドイツはアンゲラ・メルケル氏のリーダーシップの下で本当にうまくやって来たし、彼女の手堅い手腕のおかげで世界も以前より良い状況になっている。だが、これまでに務めた3期では、ドイツが将来に備えるための仕事はまだ十分にできていない。長年首相の座にあって十分すぎるほど立派な功績を残したという評価を得るには、これから始まる4期目を、ドイツに変化をもたらすために使わなければならない。