ドナルド・トランプ氏が大統領に選ばれたことによる最大の敗者は米国自身だったとすれば、アジアは少なくともそれに次ぐ敗者だと主張できるのではないか――。この地域の秩序を第2次世界大戦以降ずっと支えてきた米国のリーダーシップが、トランプ政権下で危険にさらされているとの見方は、アジア全域に広がっている。